ときどき日記

気の向くまま四季折々を楽しむ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紅葉真っ盛り

11月29日

26,27日と紅葉真っ盛りの京都に出かけた。
8年前PCで知り合った友人(福岡、横浜)そして名古屋から参加の私
京都生まれ京都育ちのMさんのご案内でお勧めの街中を歩いた。
そんな彼女が昨年誰にも何も語る事無く静かに逝ってしまった。
彼女を忍び楽しかったあの日を思い出しながら再び京都を訪れる事となりましたが
残念ながら福岡のTさんは都合で参加出来ず横浜在住のSさんと二人の旅となりました。

先ず銀閣寺近くの漆製品のお店でちょっとお買いもの
そしてあの時残念ながら休日だったお勧めのうどん店で「おかめ」で腹ごしらえ
美味しかったですよ~ Mさ~ん!!
s-DSC00555.jpg
お腹も満足したところで詩仙堂へ向かう。
初めて訪れたあの時拝観者は私たち4人だけ 静まり返っていた寺
この時期であれば致し方無いのかも その拝観者の多さにびっくり
続々と団体客が訪れあまりの違いに唯々戸惑うばかり。
雨は降り続き 紅葉も盛りを過ぎていた。 ちょっと興ざめ (涙)

気を取り直して次の「曼殊院門跡」へ
雨の中坂道を上り拝観 写真は殆どなし 今日一日で約14,000歩
s-DSC00602.jpg
s-DSC00606.jpg
紅葉の京都と言えば外せないのが「東福寺」
昨日の雨も上がり期待は膨らむ
駅からは続々人の波 当然っか!
雨の予報に重い一眼カメラをあきらめコンデジが祟ったのか腕の悪さなのか
撮った写真は殆ど色とび状態 何とか撮れたのは落ちた葉っぱばかりなり  
s-DSC00628.jpg
s-DSC00622.jpg
s-DSC00630.jpg
東福寺を早めに済ませ予定になかった比叡山に近い大原の里へ
京都駅から1時間10分で到着
三千院はいつ来ても観光客で一杯 山あいの為か時々冷たい雨
見事な庭園の紅葉はすでに盛りを過ぎていた。
池に泳ぐ鯉のオレンジとドウダンのオレンジが見事だった。

旅の終わり地下鉄の始発駅から見事な虹が山のすそ野に大きな半円を描いているのを見た。
Mさんが最後にSさんに送ったメール「今日虹を見た きっと良い事がある」
どこかでこの虹を見ているよね 何かの縁を感じた旅でした。
ご一緒していただいたSさんに感謝 又いつかご一緒しましょう!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://plumslope.blog123.fc2.com/tb.php/205-79b072cd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。